logo
Home

映画 シッコ 国民皆保険制度に反対する理由 プロパガンダ映画

第1回目は、アメリカの無保険者のこと、および日本のような国民皆保険が導入し難い理由を検証する。 2億5000万人もの人が自発的に医療保険に加入している アメリカには医療において、国民皆保険制度はない。. でもこの映画が告発するのは、無保険者の問題ではなく、民間の医療保険による給付金支払い拒否 (曲がりなりにも国民保険制度のある日本の尺度で考えると混乱します。日本の民間医療保険は、あくまで公的健康保険の補助的なもの。. 国民皆保険は社会主義的であり、自由の侵害であるという考え方だ。いや、政府による、そのようなマインドコントロール下にあるというべきだろうか。 ここへきて、このドキュメンタリー映画の方向性が次第に明らかになっていく。. 国民皆保険制度の崩壊条件は、不健康な人を排除するような自由競争である事は述べた。それから考えると、現在までtpp関連で指摘されている混合医療の導入が行われたとしても、国民皆保険制度は崩壊し.

国民皆保険制度に対し、諸外国では健康保険に入っていない人も多いのでしょうか? 諸外国では窓口負担金額はそれ程高額なのでしょうか? (健康保険加入、非加入問わずに) ご回答よろしくお願い致します。. アメリカに国民皆保険制度がないのを初めて知ったのは「ジョン・Q」でした。 「レインメーカー」という映画もありました。 健康保険がないから収入のない人が治療が受けられないのに加え、医者は保険会社の言いなりで、コストのかかる医療がそもそも. 先週、話題の映画を観てきた。 「シッコ」 感想1. 》(【カンヌ映画祭】銃問題の次は、医療制度!マイケル・ムーア最新映画『シッコ』公式記者会見) 私はアメリカに住んだ経験はないのですが、国民皆(公的)保険の日本と違って米国では、基本的には私的保険が中心になっています。. ヒラリー・クリントン:ファーストレディー時代にオバマケアの基礎となる国民皆保険制度を提案するも、反対勢力の妨害により頓挫。 シッコ; 外部リンク. Public Law 111-152Health Care and Education Reconciliation Act of (英文).

この映画はアメリカの医療保険制度を批判する内容です。 しかし、私たち日本人にとって他人事とはとても思えません。 保険料を払って、病院でも医療費を支払う。. 国民皆保険制度のないアメリカの医療の実態を映し、その裏にある保険会社の儲け主義を暴いている。 アメリカで無保険が原因による死は年間1. アメリカは先進国の中では唯一、公的な国民皆保険制度を持たない国 国民の健康保険の大半は民間の保険会社に委ねられている そのため、高い保険料などが障壁となって、 実に約4700万人もの国民が無保険の状態にあるという しかしムーア監督は、.

映画 シッコ 国民皆保険制度に反対する理由 プロパガンダ映画 、 これらを考えれば保険ができないは当然すぎ。ムーアは頭が悪い。 他の国との単純比較なんて浅はか。保険の見返りの高い税金には触れないし。 72 :. 多くの国では国民の誰もが加入できる健康保険があるけど、米国は先進国で唯一“国民皆保険”の制度がない。 人々は民間の医療保険に入るんだけど、高い掛け金や持病の問題で加入できない人が全米で約5千万人もいる。. 結果、民間保険では高額医療費を払えず、自己破産する人が続出します。高い保険料を払える金持ちだけが高度医療を受けられるようになります。 健康保険の米国化は「亡国化」と同義です。断固として健保制度を守るべきです。 /4/8 14:29. 米国と日本の医療制度を比較したときの、良い点と悪い点など、よろしければ教えていただけないでしょうか><また改善したほうが良いと思われる点なども知りたいです><よろしくおねがいします!! いろいろあると思いますが最も感じたのは、医療保険制度・健康保険制度の違いです. 私もこの件をレポートするつもりである。貴社のceoに映画出演経験はおありか?」というような。すると即座に左耳の手術の許可も下りたとか・・・。 アメリカにも国民皆保険制度を、と言った政治家がないわけではないようです。. アメリカの医療制度は病んでいる。 先進国では唯一、国民皆保険制度が存在しないアメリカ。 5000万人が医療保険に加入せず(できず)、 低所得者向けに政府が運営するメディケアも、 あまりに厳しい加入条件で、ろくに機能をしていない。.

国民の約8割、2億5千万人は民間の保険会社と契約して医療費を支払うという制度になっている。 この映画が取り上げるのは、医療保険に入っており治療が受けられるはずの2億5千万人の人たちである。. » 介護保険における特定疾病とは 介護保険をきちんと利用する 介護保険制度において特定疾病というものがあるのを知りました。医療保険じゃあるまいし何のために特定があるのでしょうか?っていう感じですが、どうやらこういうことのようです。. 酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。. アメリカで医療保険に入ってない人は約4700万人だそうです。 「でも、この映画の主人公はこの人たちではない」と、ムーア監督。 全国民が医療保険に入れないこの国のシステムも問題だけど、 もっと問題なのは、. 映画 『シッコ』 を観た。。。 国民皆保険制度に反対する理由 年製作 監督・脚本・製作 マイケル・ムーア マイケル・ムーアの手によるドキュメンタリー映画。。。 いや~ おもしろかったっす !.

「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」のマイケル・ムーア監督が、今度はアメリカの医療保険問題に鋭いメスを入れる社会派ドキュメンタリー。アメリカは先進国の中では唯一、公的な国民皆保険制度を持たない国。国民の健康保険の大半は民間の保険会社に委ねられている。その. アメリカで国民皆保険に反対する連中ってオバマ大統領の保険改革を「社会主義」だの「建国の精神に反する」だの反対する連中って、ようするに貧乏人のために税金を払いたくないってことなんでしょ?(ただのケチ、銭ゲバじゃん)どうみても反対してる連中に社会保障を受けていそうな. デブで病気だらけの国民性や、事件・事故が多いお国柄、移民が毎年いっぱい来る事情. 国民皆保険制度のないアメリカの医療の実態を映し、その裏にある保険会社の儲け主義を暴いている。 アメリカで無保険が原因による死は年間1. プロパガンダ映画 年9月5日の読売新聞の記事より抜粋。利益追求に走る医療保険業界と製薬業界とその暴走を許す政治家に対しての怒りを映画「Siciko」(シッコ)は語っている。アメリカの医療保険制度は先進国唯一、公的な国民皆保険制度が無いため6人に1人が無保険、毎年1.8万人が保険欠如で死に到って. オバマ大統領が内政上の最優先課題とする医療保険制度改革は、3月21日ついに下院で改革法案が可決されました。 民主党は60年代の公民権運動以来の最大の社会改革と自画自賛しますが、他の先進国並みの国民皆保険制度を望んでいた米国民には、ひどい.

映画 シッコ 国民皆保険制度に反対する理由 プロパガンダ映画 国民皆保険がいらないなんて、世間知らずにも程がある。 今の保険制度には問題があるが、アメリカから比べれば天国だ。 医者叩きはひとまずやめて、TPPを潰さないと、泣きを見るぞ。.