logo
Home

何 度 でも 見 たい 映画

> 何 度 でも 見 たい 映画 何度も見たい; 鬼滅の刃第1話を無料配信中(gyao! > 何度でも見たいと思う映画; 鬼滅の刃第1話を無料配信中(gyao! ストア) 上映中. 何度でも足を運んで観たいと思う作品に. なんで邦画が好きかって言われると、そもそもの原因は洋画の英語(&吹替の雰囲気)が苦手だからっていうのがあるんですけど 邦画特有の、例えるならフィルム写真みたいな味のある感じとか、派手さがなくても「良かった。(じんわり)」って思えるものが多いところが好きです。 だからジャンルで言えばヒューマン映画がほとんど。 洋画にありがちなCGの多用や、派手な爆発・暴力・出血が多かったり、徒らに人が死ぬ映画はあまり好みません。(もちろん洋画にも素晴らしい映画はたくさんあります。) ついでに狙いすぎなギャグや、キラキラらぶきゅん映画もあんま見ない。 自分にとって身近に感じられて、人間らしいリアリティのあるものが好きなんですよね。 さてでは早速行ってみよう。 ランキングにしようと思ったけど1位以外順位なんてつけられなかった。なので数字に意味はないです。 あと10個に収まるわけなかった。欄外も本編です。どうぞ!. ファンではない方も充分楽しめる映画だと思います。 また見に.

See full list on kopelog. 北海道の月浦を舞台にした映画。 田舎暮らしやシンプルでナチュラルな雰囲気が好きな人にはたまらない。 正直ストーリーとしてはやや薄っぺらなところはあるけどでも好き。 大泉洋がくっっそ良いんだよなあ。 大泉洋がパン焼いてるのに 「おい、パン食わねえか」 とか言わないの。 ただただお洒落で優しい男なの。 原田知世もそうだけど、こういう穏やかな人になりたい〜っていう憧れが止まらなくなります。 あと食べ物が美味しそうすぎる。 そして北海道ってやっぱ最高だなって。 僕自身、いつか自分の店を持ちたいなあなんて憧れもあるので、夢が膨らみます。 何も考えずただほっこりしたい休日におすすめ。. この記事では「何度も繰り返し観たくなる洋画」を4つ選んで書いています。1度観た映画ってまた繰り返し観たりしますか?僕はあまりしません。そして、「あの映画また観たいな」と、時間が経って思った作品はいい作品だったんだと、そこで1つ線引きしています。今回はそんな良い映画4. 何 度 でも 見 たい 映画 それがこの映画のキャッチフレーズ。ありふれた二人の夫婦を描いた作品だ。 二人は性格が真逆だ。 しっかり者の妻と、だらしない夫。 人は自分と違う人間のことを理解できない。時には批判したりもする。 この二人もお互いのことがわからない。 でも、それでも隣にいる。 愛とは理解することではないのだ。 リリー・フランキーの飄々とした演技が妙にリアルで良い。 5年後、10年後も見たい名作。. LGBTと家族、愛の在り方をテーマにした映画で、生田斗真がトランスジェンダーの元男性を演じています。 この映画はよくある「LGBTへの理解を持とう」といったような問題提起をする作品とは違い、ただただ普通の、彼らの日常を描いている。 僕らの周りに普通に起こり得る、とことんリアルなストーリーがこの映画の真髄。 そのリアリティの中に、LGBTへの理解がない人間も描かれる。 多くの人間は、理解できないものに対して非寛容になってしまいがちだ。 自分の価値観で受け入れられないものは拒絶し、排除しようとする。 それは時に、無意識のうちに他人を傷つけてしまうことさえあるんだ。 人の在り方や愛の在り方は人それぞれ。 それを互いに認め合える世界になると素敵だなと思う。 そして人の愛というのは本当に暖かいもの。 そんなことをじんわり教えてくれる作品。もう一度見たい。. ふとした時に見たくなってしまう。繰り返し見てる中では珍しい純愛物。 何度も見たくなるのはストーリーの儚さや切なさもそうだけど、妻夫木聡と池脇千鶴の演技がとにかく素晴らしいから。 どうでも良いシーンなんだけど、妻夫木くんがご飯を食べるシーンが最高です。本当にうまそうに食べるんだ。 池脇千鶴演じるジョゼは身障者。その複雑な心境を見事に演じています。 池脇千鶴の可愛さを知ったのはこの映画だったな。 くるりの「ハイウェイ」が使われているのも良い。. 僕の青春の一つ。 高校生の頃、この映画と曲に出会って、浅野いにおを読んで、 生きることへの不安や儚さをずっしりと感じ始めた。 種田のこのセリフが好き。 毒の溜まりやすい、生きづらい世の中だと思う。 そんな中で生きていくことをこの作品は静かに勇気づけてくれる。色々疲れてしまった時に見たい。 最近漫画の新装版(ソラニン 新装版 (ビッグコミックススペシャル))も出たらしい。久しぶりに浅野いにお読もうかな。.

私の何度でも見たい映画の一位は、なんと言っても菊池麻衣子さん主演の「薄れ行く記憶の中で」です。 当時、単館上映でミニシアターでこの. · すべてを理解するのに1度観ただけじゃほぼ不可能なこの映画。何度も繰り返し見ることで、『インセプション』のように少しずつ理解できると. · 何度も繰り返し見ることで、『インセプション』のように少しずつ理解できると信じています(信じたいです)。 『TENET テネット』DVD &ブルーレイは年1月8日(金)発売、デジタル版は12月16日(水)に先行配信予定です。.